ロゴ
HOME>Review>フローリングワックスを業者に依頼する時のポイント【皆の声】

フローリングワックスを業者に依頼する時のポイント【皆の声】

空き部屋

床のことまで目がいく人は少ないでしょう。しかし、よくフローリングを見てみると傷がついて輝きが失われているはずです。フローリングワックスのプロに頼めばまた輝きが戻りますから、まずは口コミをチェックして検討してみてください。

みんなの口コミ

ワックスの種類で耐久年数が変わることを知りました(40代 女性)

家庭の主婦として10年以上たち、日々の作業に面倒さを感じる年齢にもなって来ました。そんなことから、掃除等においても手抜きが出来る方法がないかと調べました。そこで見つけたのは、フローリングワックスを専門家に塗ってもらうことでした。これ以上、傷をつけることがなく、床に輝きを取り戻せると考えたからです。いろいろ調べた結果、フローリングワックスには、種類もあり耐用年数も違うと言うことです。例えば、ガラスコーティングとかUVコーティングと言われるものは、20年から30年と言う長期に渡り効果があるとされています。中間的に維持出来るコーティング方法に、耐用期間が10年から20年セラミック方法があります。短期間でも良いと言う考え方では、アクリルとかウレタンコーティングがあり、数年の耐用期間となっています。種類で耐久年数が、相当違うことを知りました。

ムラなく短い時間で仕上げてくれました(50代 男性)

新築で購入した住宅も20年が経ち、あちらこちらに傷みが目立つようになりました。それぞれにリフォームを行って来たのですが、残ったのがリビングのフロアコーティングでした。耐用期間を知ると、長いものでは20年以上30年ほどと言うもがあり、短いものでは数年で再度フローリングをする必要があると知りました。その中で選らんだのが、中間にあるセラミックコーコーティングでした。業者選びは、口コミだけでなく、友人宅や知り合いの家を見せてもらい検討しました。価格だけでなく、仕事を丁寧に行ってくれる業者が良いとなり、決めて施工してもらった所、短い時間でそれも丹念に綺麗、むらなく施工してくれました。フローリングワックスの結果は、多くの人に見られてしまうことになり、良い業者選びが大切と知りました。